七福人ブログ

様々な気になるトピックスをまとめ読者の方に福が訪れるブログを目指しています

まだ間に合う!父の日にプレゼントを贈ろう!


どうも、家族を大切にしたいふくろくじゅです。

 

今年の父の日は2021年6月20日

    f:id:mmmhyho:20200612224239p:plain

 次の日曜日、2021年6月20日は父の日ですね!

 

 みなさんはもう何をプレゼントするか決めていますか?

 私は実家を離れて暮らしているため、父の好きなピーナッツを実家に届けてもらうよう楽天で注文しました。

 父はおしゃれで技巧を凝らした丁寧なお菓子よりも、ガバっと手掴みで大量に流し込むような食べ物が好きです。

 (よくご飯後なのにピーナッツ食べて母に怒られてました)

 本人が喜びそうなものを選ぶ時間も楽しいですよね。

 

 

父にプレゼントを贈ろう!実家を離れている人も日時指定で配送しよう!

 同居していたり近くに住んでいる人は直接手渡しするのが一番ですが、実家を遠く離れている人も多いですよね。

 私も実家とは飛行機の距離なので、プレゼントを父の日やその前日等の受取可能な日に着くようネット注文しています。

 地元のお店に注文して配送をお願いするパターンや購入したものを梱包して自分で郵送するパターンもやったことがありますが、楽天Amazonを使うのがラインナップ的にも自分の手間的にもおすすめです。

 ネット注文でもプレゼント設定すれば中に領収書を入れない等の気遣いをしてくれるので安心。

  

①花を贈る!母の日=カーネーションに対し、父の日=バラ!

 母の日といえばカーネーション。花屋さんでもカーネーションを中心にアレンジメントした花束が並んでいますよね。

 では父の日にそう言った定番はないのかというと、父の日のきっかけになったというアメリカではバラを贈る風習があります。

 ただ日本では父の日=バラというイメージはあまり定着していないので、知識として知っておくくらいでそこまでこだわらなくてよいでしょう。

 ※ ちなみに、アメリカでは亡くなっている父には白いバラ、健在な父には赤いバラを贈ることが多いです。

 

②食べ物や飲み物を贈る!迷ったらこれがおすすめ!

 好みも分かりやすいですし、食べればなくなって置き場所にも困らない。

 迷ったら食べ物や飲み物にしておけば安牌です。

 実家から離れている人は、自分が今いる地域の名産を贈るのも喜んでくれますよ。

 お酒が好きであればお酒とおつまみのセット等も良いですね。

 

③仕事に使えるアイテムを贈る!種類によっては好みの把握や予算が難しいかも

 父が現役で仕事をしているのであれば、仕事中に常に身に着けているハンカチなどもおすすめ。

 家族に普段見せているカジュアルな面とビジネスの面では好みがガラッと変わる人も多いので、仕事に行くときの服装等から身に着けている姿をイメージできるかはしっかり考えましょう。

 また、ある程度の年齢を重ねたお父様ならば身に着けるアイテムも相応のグレードになっているはず。

 息子/娘からもらったプレゼントは無条件に嬉しいものですが、他のアイテムと比較して圧倒的にグレードの低いものを使っても悪目立ちしてしまうため、ある程度の予算をかけてあげるべきでしょう。

 ということで、低予算でもそれなりのものが買えて普段使いもしやすいハンカチがおすすめ。

 逆に時計や名刺入れ等はかなりの予算を見込む必要があるのと好みの問題も大きいので避けた方が良いかも。

 

④本を贈る!普段読まない人でも趣味に関する本なら読むかも?

 普段は本を読まない父でも、意外とおすすめできるのが本のプレゼント。

 例えば日本酒が好きな父に日本酒の歴史やつまみに関する本、ゴルフが好きな父にゴルフの技術書等。

 趣味と関連した本や興味のある分野の入門書等を贈ってあげれば喜んでくれるでしょう。

 

まだ間に合う!父の日にプレゼントを贈ろう!

 ということで、今回は父の日のプレゼントのおすすめをまとめました。

 今日が火曜日、父の日は日曜日。

 日曜日指定で配送するとなると、もうあまり時間もないので今日明日には注文したいですね。

 みなさんの選択の参考になれば幸いです。

 

 ではでは。