七福人ブログ

様々な気になるトピックスをまとめ読者の方に福が訪れるブログを目指しています

鎌倉あじさい巡り~ゆっくり散歩【穴場】

こんばんは。じゅろうじんです。

 

6月になり、あじさいの季節になりました。

あじさいを見に鎌倉へ行こう、という方も少なくないのではないでしょうか。

 

有名どころはあじさいといえば、北鎌倉の明月院や、長谷寺などが有名ですが、今回は鎌倉のあじさいを見るのに、ちょっと穴場なスポットを3か所ご紹介します。

 

東慶寺

北鎌倉駅を降りると、明月院がある東口ではなく、反対の西口で降りて、3分ほどの場所にある東慶寺

1285年開創。女性から離婚できなかった封建時代に、当寺に駆け込めば離縁できる女人救済の寺として明治に至るまで600年間、縁切り寺と呼ばれていた由緒あるお寺です。

f:id:mmmhyho:20200621210058j:plain

f:id:mmmhyho:20200621210140j:plain

さて、こちらが東慶寺の門へのアプローチ。あじさいがきれいに咲いています。階段に人がいなければ、こんな感じで写真が撮れます。

f:id:mmmhyho:20200621210501j:plain

f:id:mmmhyho:20200621210617j:plain

寺院は、そこまで広くありませんが、きれいな庭園があり、のんびりあじさい鑑賞を楽しめます。

 

浄智寺

東慶寺から、徒歩で数分のところにある浄智寺東慶寺とセットで巡るのがおすすめです。

浄智寺東慶寺と同じく、13世紀に開基したと言われています。お寺のうしろにはすぐ山が迫っており、丘が浸食されてできた谷状の場所(「谷戸」)にあり、境内は竹や杉がたくさん生えており、緑豊かでとても涼しかったです。

f:id:mmmhyho:20200621211121j:plain

f:id:mmmhyho:20200621211154j:plain

f:id:mmmhyho:20200621211146j:plain

こちらのお寺の境内にも、たくさんのあじさいが咲いていました。

瑞泉寺へむかう途中の坂道

f:id:mmmhyho:20200621211732j:plain

 

瑞泉寺は、鎌倉駅からも離れた場所にあり、かつ、大型の自動車は通れない道路を歩いて向かうため、穴場スポットになっています。この瑞泉寺に向かう途中の坂道にあるあじさいがとても綺麗でした。この場所はたまたま見つけたのですが、この日、見た中でも一番の名所でした。

 

おまけ:瑞泉寺

f:id:mmmhyho:20200621212253j:plain

あじさい巡りから少しずれますが、上にご紹介したあじさいの咲いている坂をずっとのぼっていくと瑞泉寺にたどり着きます。

こちらは瑞泉寺の入口を入ってさらに本堂へあがっていく階段。途中で二股に分かれています。左側の階段は、苔がたくさん生えていて、まるで異空間へつながっているかのような錯覚を覚えます。

ちなみにどちらの階段であがっても、本堂へたどり着くことができます。行きと帰りで違う階段を使うと両方を楽しめますね。

 

f:id:mmmhyho:20200621212634j:plain

階段をあがったところでくつろぐ猫。人に慣れているのか、近くにいても逃げるどころかむしろ石段でゴロゴロ。ちょっとした癒しでした。

 

鎌倉土産は・・・

せっかく鎌倉に行ったら、銘菓 鳩サブレーを買って帰りましょう。

ずっと昔からあって素朴な味なのに本当においしい。老若男女問わず、誰にあげても喜ばれるお土産です。

 

★【豊島屋】鳩サブレー 9枚入り箱入り 鎌倉サブレ 焼き菓子 ※軽減税率対象商品

価格:1,542円
(2020/6/21 21:31時点)
感想(4件)

 

♪ 18枚入缶 【豊島屋】 鳩サブレー<お菓子・スイーツ・焼き菓子><サブレ・クッキー><ギフト・贈り物に>

価格:3,240円
(2020/6/21 21:32時点)
感想(3件)