七福人ブログ

様々な気になるトピックスをまとめ読者の方に福が訪れるブログを目指しています

「ネスカフェ バリスタW」を手に入れて生活レベルが2くらい上がった話

お題「#新生活が捗る逸品」

 

私はこれといって4月から環境が変わったわけではありませんが、新生活を送っている方、特に在宅で仕事や授業に出ることが多くなった方に欠かせない逸品があります。

 

それは「ネスカフェゴールドブレンド バリスタW」です!

コーヒーメーカーですね。

 

f:id:mmmhyho:20210413223751p:plain

 

ネスレ SPM9638R レッド ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ W [コーヒーメーカー] 赤 シンプル 簡単 おしゃれ キッチン ポイント おうちカフェ おいしい お手入れ 楽 便利 ご褒美 一人暮らし 眠気覚まし 朝活

価格:7,980円
(2021/4/13 22:45時点)
感想(6件)

今日は、新生活を送る方々に向けて、バリスタの使用感やメリットなどをお伝えしようと思います。

 

【もくじ】

①私がバリスタを手に入れた経緯

バリスタってどんな機械なの?

③早速コーヒーを淹れてみよう

バリスタのメリット!

①私がバリスタを手に入れた経緯

元々コーヒーはよく飲んでいましたが、テレワーク中もコンビニに行ってコーヒーを買うなどちょっと面倒なことをしていました。

自宅にコーヒーメーカーさえあれば、出歩かず好きな時間に飲めちゃうんですね(当たり前)。

 

私がバリスタを入手した経緯は次の通りです。

 

コロナ禍で人と会いづらい中で、会話も減ったなあと思っていました。

せめて話し声にだけでも触れたいと思ってラジオを聴きはじめて、その流れでTBSラジオのホームページを覗いたときに「バリスタW」の懸賞を見つけました。

ちょうどコーヒーが飲みたかったので応募したのですが、そんなことも忘れていた頃に家にでけえ箱が届き、見事当選していたという流れでした。

 

 

f:id:mmmhyho:20210413175502j:plain

f:id:mmmhyho:20210413175523j:plain

 

 

 

 

バリスタってどんな機械なの?

でけえ箱にはただならぬ存在感の機械が入っており、いやが上にも期待が高まりました。

 

早速セッティングを開始。

下の写真が、洋服タンスの上に悠然と鎮座まします「ネスカフェ バリスタW」でございます。

 

f:id:mmmhyho:20210413180316j:plain

 

上品でシックな装いに、重厚感がありながらも洗練されたモダンなフォルム

これを部屋に置くだけでQOLが2くらい上がったように錯覚します。

 

そう、バリスタWはその機能も去ることながら、インテリアとしても価値があるのです(それをタンスの上に置くな)。

 

説明書を見ると、スマホから操作できるとのこと。つまり、Wi-fiを使ってネット接続できるのです。

スマホからコーヒーを淹れる度にポイントが加算され、好きな品物と交換することができるそうです。

また、近くのバリスタユーザーとフレンドになれる機能もあるのだとか。

 

f:id:mmmhyho:20210413183054p:plain

 

これが世に言うIoTか

何年生まれからデジタルネイティブというのか分かりませんが、アラサーの私はスマホからコーヒーを淹れられる時代になっているとはつゆも知りませんでした。

 

 

 

③早速コーヒーを淹れてみよう

タンクに水を補充して、スマホアプリから操作。

 

f:id:mmmhyho:20210413215413p:plain

 

コーヒーの量、水の量、泡立ち加減も指1本で自由自在

ボタンを押してから淹れはじめるのに接続のタイムラグがありますが、コンビニに買いに行くための時間を考えれば早いってもんだ。

 

やはり挽きたてのコーヒーはうまい。

あんまり飲み過ぎたので、機械と一緒に入っていたコーヒー豆のカートリッジ2個を既に使い果たし、ネットで追加注文しました。

 

 

 

バリスタのメリット!

1杯10~30円程度なので、コンビニで買うのと比べ物にならないほど安いです。

インスタントコーヒーも安いですが、やはり挽きたてとは味が違います。

意識の高い人はコーヒーミルでも買って日夜グリグリと豆を潰しているのでしょうが、そこまでコーヒーに掛ける情熱はない。

手間をかけずにうまいコーヒーを飲みたい、という人にバリスタはおすすめです。テレワーク中のみならず、もちろん休日に週1~2回だけ使うのも良いと思います。

 

ただし、機械を買うわけですから、継続的に使用しないともったいないです。大袈裟な話ですが、製造業に従事する方は、工場にある機械が動いていないこと自体が損益だと考えます。

少なくとも週に1回くらいは家でコーヒーを飲む人(がいる家庭)でないと薦められません

 

コーヒーを淹れた後、えも言われぬ良い香りが部屋に充満します。バリスタはインテリアと申し上げましたが、視覚だけでなく嗅覚も満たされ、飲めば当然味覚も幸せ。淹れるとき機械がヴィーーーとか言うので聴覚は満たされないにしても、五感でそれぞれ勝敗を決めるなら3勝1敗1引き分けです。甚だ大健闘ではないでしょうか。

 

 

 

以上、新生活が捗る逸品を紹介しました。

最近聞きませんが、ネスカフェは「違いのわかる男」というキャッチコピーを展開していましたね。

皆様もバリスタWで「違いのわかる男」を目指しましょう。

※「男」というジェンダーの配慮に欠けた単語を記載しておりますが、原作者、製作者の意図を尊重し、オリジナルのまま記載いたします。